FERRO MARI E MONTI

2022年10月29〜30日開催

第1回FERRO自転車コンテスト

BICI AL MUSEO

南房総文化発信地の中心的な存在を担う鋸山美術館のご協力のもと、自転車文化の理解と普及を推進し、自転車を愛する南房総の豊かなまちづくりの象徴として「第1回FERRO Mari e Monti自転車コンテスト」を開催いたします。

普段、日の目を見ないあなたの秘蔵の名車、旅の思い出のこもったツーリング車、長い年月をかけて完成させた自慢の愛車等々を著名な審査員が厳正に審査し、入賞者には豪華賞品が贈られます。応募カテゴリーは現存する全ての自転車に公平に開かれており、特に自転車王国日本を象徴する「ジャパン」部門は自転車文化の振興を図るFERRO Mari e Montiならではのスペシャルカテゴリーです。もちろん最新型のモダン自転車も大歓迎。
皆さま奮ってご応募くださいませ。

なお、入賞自転車は FERRO Mari e Monti の開催期間中に同美術館内で展示させていただきます。あなたの愛車は多くの自転車ファンや美術館を訪れる人々を魅了し、深淵なるロードバイクの世界へと彼らをいざなうでしょう。

主催:FERRO Mari e Monti 2022実行委員会
展覧会名:第1回 FERRO Mari e Monti自転車コンテスト
対象者:FERRO Mari e Monti 2022大会エントリー済みの方
応募期間:2022年9月1日(木)〜10月10日(月)
応募費用:1,000円(1台当たり)
開催場所:公益財団法人 鋸山美術館(〒299-1861 千葉県富津市金谷2146-1)
展示期間:2022年10月29日(土)〜10月30日(日)
開館時間:10:00 – 17:00 (入館は16:30まで)
入館料:一般800円 中高生500円(FERRO Mari e Monti 2022大会エントリー済みの方、小学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料)


【応募自転車の条件】
・安全に走行可能な自転車であること(館内の都合上、タンデムは入賞しても展示は致しません)
・1人3台まで応募可能

【応募カテゴリー】
(1)ヴィンテージ部門A:1959年以前に製造された自転車
(2)ヴィンテージ部門B:1960年〜1987年の間に製造された自転車
(3)モダーン部門:1988年以降に製造された自転車
(4)ジャパン部門:日本生まれの自転車
発売された当時のカタログ、その自転車が活躍した当時の報道紙媒体など史料があれば添えてください。審査の参考と、受賞されたときは解説パネルに添えさせていただきます

【応募方法】
・大会公式メールferromariemonti@gmail.com宛に次の情報をお送りください。
 1.自転車の鮮明な写真5点:自転車の前/横姿、および各部品の構成が良く分かるもの。
 (写真は美観ではなく審査が目的です。自転車の全景が分かりやすい背景でお願い致します)
 2.お名前及びFERRO Mari e Monti 2022大会受付番号
 3.応募カテゴリー
 4. 自転車の情報(※400字以内):メーカー、製造年代、購入年、パーツの特徴、自慢ポイントなど
   (いただいた情報をもとに展示パネルを制作いたします)

【注意事項】
・展示中の自転車の取扱いについて、不可抗力による損害等におきましては、主催者はその責任を負いません。
・出品自転車に関して主催者は写真撮影を行い、撮影画像及び応募情報を報道、webサイト、その他関連媒体に使用・掲載できるものとします。

【審査員】
・江口誠一(CorsaCorsa代表)
・松本敦(Cycle Sport元編集者、Bacchus事務所長)

・佐々木秀樹(Cambio工房代表)

・FAVARO Marco (CiclistainGiappone代表)


【結果発表】
コンテスト審査結果は10月17日(月)本サイトにて発表いたします。

【入賞自転車展示方法】
展示期間:令和4年10月29日(土)〜30日(日)
展示場所:公益財団法人 鋸山美術館
展示方法:入賞者各自準備の自転車スタンドで展示
     ※主催者はスタンドの貸し出しは行いません。
搬入方法:入賞者は10月29日(土)9時に鋸山美術館前に集合し、主催者の指示のもと、自転車を館内に設置してください。
撤収方法:入賞者は10月30日(日)17時に鋸山美術館内より各自撤収してください。


Nokogiriyama Art Museum

公益財団法人 鋸山美術館
〒299-1861 千葉県富津市金谷2146-1



お問合せフォーム

メモ: * は入力必須項目です